読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川 越 気 分

Kawagoe_Kibun

川越 バニトイ 蔵造りの町並にあるベーグル専門店

蔵造りの町並、時の鐘と大沢家住宅の中間くらいに位置するバニトイ・ベーグルでランチしました。このお店、川越ではよく知られた人気店のひとつで、当ブログでも2号店を昨年4月に取り上げています(2010-04-09 - 川 越 気 分
ベーグルは女性の食べものだと思っていた小生ですが、ここのベーグルは素直に美味しいと思います。
バニトイのベーグルは本場ニューヨークのベーグルをもとに作られたベーグルですが、北海道産の小麦を100%使用しているそうです。
蔵造りの町並の中では異風な感じもする建物ですが、正面からだと小さく見えてしまいます
1階正面に50種以上と言われるベーグルが並んでいます。食事をする場合は2階。11:30-15:00がランチタイムで禁煙となっていますが、それ以外の時間帯だと買ったベーグルを2階で食べてもよいそうです。
階段を上がると写真のような感じになっています。先日、北浦和のCAFE NOFUで食事した際、木のぬくもりのあるカフェもいいなと感じたのですが、まさにそんな感じ!嬉しくなりました
窓際のカウンター席もいい感じだったのですが、先客がいたので反対側のテーブルに座りました
メニューはランチ用とドリンク用にわかれています。ランチはスープ・サラダ・ミニデザート付きで好きなベーグルサンドを選べます(12種類くらい)。その他週替わりとしてシーフードカレーなども用意されていました。壁に「TABLE FOR TWO」のポスター、ランチから20円が支援金となるそうです(Tackling Imbalances in World Food Consumption)こんな運動があることを初めて知りました
ランチには200円で飲み物が選べます(珈琲・紅茶・ジュース類)。ドリンク用のメニューには30種類近くが写真入りで紹介されていて、カフェモカ(500円)、キャラメルカフェ(550円)からフローズンフレーバーミルク(580円)などなど、アートカフェと言えるメニューで、みているだけで楽しい感じでした
例により肉類を除くと限られたメニューになってしまうのですが、本日は「アボガドとトマトのサルササンド(850円)」を注文しました。
ピリ辛のサルサソースとアボガドがマッチしています。食べ応えがあり満足できました、こんな感じのベーグルは初めてでした
反対側のテーブルはソファーになっていますが、その奥の壁に隠れたところにもソファー席がありました
窓際のカウンター席からは蔵造りの町並がよく見えるので、おすすめですが、向かって左側2席はソファーになっていて、これも良い感じです
書棚もあり、壁にも雑誌が陳列されていました。ターシャ・テューダーのものが数冊あったので、そんな庭園のイメージも店に取り入れているのかと想像してしまいました。
VANITOY BAGEL
埼玉県川越市幸町10-3
049-222-0767
10:00-20:00
定休水曜

蔵造りの町並を中心に、このあたりの店は火曜定休が多いこともあり、週末と比べると静かな感じでした。小江戸という文字からは離れたイメージのカフェですが、ゆっくりくつろぐには最適の所です。