川 越 気 分

Kawagoe_Kibun

小江戸川越食べ歩き

どの観光地も同様ですが午前中の空気が好きなので土曜10時、時の鐘周辺を食べ歩きしました。手に持ちながら文字どうりの食べ歩きです。

1件目は「富士屋商店」の自慢焼き(80円)、大判焼きですが特にしろ餡がオススメです。


〒350-0063 埼玉県川越市幸町7-6

2件目は小江戸横丁の顔「芋太郎」純な芋を練って三角のおにぎり風に焼いた食べ物ですが、蔵造の街に行ったら一度は味わいたい名物(150円)店主も有名人です。


埼玉県川越市元町2-1-3

3件目は「寺小屋本舗」、街を歩いていれば自然と目にとまる手焼きせんべいでお馴染み、色々な焼きたてせんべいが選べます。今日はゴマせんべい(120円)一枚ずつ食べやすく包装してくれます。


埼玉県川越市幸町8-5

4件目は鐘突き堂下だんご「田中屋」、時の鐘真横にある川越では有名な団子屋です。一品60円で昼過ぎには売り切り終売、長老が炭火と秘伝のたれでつくります。



川越市幸町15-10

5件目は「菓匠右門」これも有名店で芋と餡子を包んで蒸した「いも恋」(160円)が売りです。あつあつで食べる饅頭です。

埼玉県川越市幸町15-13

6件目は「かりん糖の旭製菓 川越鐘つき堂直売店」右門の前にありますが20種以上のかりんとうが店頭で試食できます。商品もお手軽価格です。今日は甘いものばかりだったので芋かりんとうを試食だけしました(申し訳ない)

飲料で締めくくりたい場合、かりんとう店の並びにある「枡屋酒店」がオススメです。酒の品揃えも豊富ですが店頭で地ビールが飲めます(370円)、また地サイダーなるものも店頭で冷えております(210円)。

時の鐘周辺には老舗の料亭からB級グルメ店まで豊富にありますが、片手で食べ歩き
できる商材がまだまだ沢山あります。