読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川 越 気 分

Kawagoe_Kibun

川越で水出し珈琲が飲める店

川越市役所駐車場横にあるカフェエスぺランサでチーズケーキセットを味わいました。2008年にオープンした小さなカフェですが、水出しコーヒーが飲めるのです。入店したのが午後3時近く、常連さん二人がいなくなったと思ったら、すぐに別の常連さんがカウンター席に・・・そんな感じです。マスターはどっしりと落ちついた雰囲気のある方です

川越市役所から見える所で川越小学校の樹木が目の前にあります。外観は小さなオフィスビル1階のイメージです

この先100mに「音楽喫茶アマデオ」、この手前100mに「レポ」と3軒のカフェが並んでいます

外観からは想像できないアンティックな施しのあるおしゃれなカフェなのです。カウンターとテーブル2つの規模ながら重厚な木製テーブルが特別な雰囲気をつくっています

店内にはジャズがながれています

水出し珈琲は400円、通常のドリップ珈琲は450円。

水出し珈琲は初めてです、どちらかと言うとアイス珈琲がぴったりのような味わいでした

奥さん手づくりの数量限定チーズケーキは、しっとりとした味わいで本当に美味しかったです。

ケーキは300円、チーズケーキセットは600円なので珈琲の値段からしてお得!おすすめです!

毎日メニューが変わる日替わりランチも用意されています

これがカウンターに設置されている水出しコーヒー器具です(大きさの違う器具が3台ありました)上部に入った水が1滴ずつ珈琲豆を濾過しながら9時間以上の時間をかけつくられます

水出しコーヒーとは
戦前のオランダ領インドネシアでは、苦味やえぐ味の強いロブスタ種(「種と栽培品種」を参照)のコーヒーが栽培されていたため、水による抽出法が考案されたと言われている。カフェイン等の刺激成分が少なく飲み口が良いが、深いコクがあり、酸化もしにくい(冷蔵庫での保存がきく)などの特徴がある。水をコーヒー粉に点滴するガラス器具も市販されているが、ガラスポットに粉と水を入れて冷蔵庫に一晩おいて濾過しても良い。なおコーヒー豆はフルシティロースト(「焙煎」を参照)以上の深煎りでないと、酸味ばかりで旨味のないコーヒーになってしまう。ダッチ・コーヒー自体は、その抽出法も独特の器具も、オランダにおいて一般的な存在ではない(存在しないとも言われる)

エスペランサ

川越市大手町7−16
049−225−6656
10:00〜18:30
定休 月曜 
及び第1.3火曜日
(振替休日の月曜日は営業)