読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川 越 気 分

Kawagoe_Kibun

銀座ルノアール

銀座で友人と待ち合わせた際、約束まで時間があり地下1階の銀座ルノアールで休息しました。ブレンド珈琲が660円、チェーン店にしては少し高いと感じましたが、それでも高齢者中心に満席でした。1964年に1号店を開店し独自路線を歩む珈琲チェーンは、今でもファンが多いようです。全国に200店ほど展開、川越にはJR川越駅東口の川越マイン3Fにあるります。この川越マイン店は通常のルノアールとは違った雰囲気のお店なのです

入口には花と水出し珈琲の器具が並んでいます。ルノアールに水出し珈琲(450円)があることを初めて知ったのが、この店舗です

ほどよい座席空間、おしぼり、珈琲を飲み終わった後に出されるお茶・・・打ち合わせをしたい時などは利用してしまいます。ルノアールはモーニングが12:00までなので職場の昼休みが11:30だった時に週1回ペースで利用してました

この川越店の特徴は展示会や貸切コンサートなどの企画を頻繁に行っていることです。今月以降もクラシックやジャズなどのミニコンサートが予定されています

今回、目に留まったのは川越スカラ座のポスター、そのポスターに割引企画のお知らせが貼ってあったのです。「ゲイバー割」です。すでに過去情報になっていますが、お店を利用した人に「人生はビギナーズ」というゲイをテーマにした映画の割引券をプレゼントしていたようです。

店名:俄然風太
住所:川越市菅原町19―6(2F)
時間:20時から
無休
川越にもゲイバーがあったのだ!ゲイバーに興味はないのに、それを知っただけで嬉しい気分になるから不思議です



川越スカラ座で上映される作品は好みのものが多く「人生はビギナーズ」も観てみたい感じです。2年ほど飯田橋ギンレイホールの年間会員だったことがあり(年会費10,500円で入場無料になる)、その時にみたゲイ関連の映画「ブロークバック・マウンテン」「プルートで朝食を」「ぼくを葬る」「トランスアメリカ」などは強く印象に残っています。この4作品は会員でなければ観ていないと思います。映画は事前情報が全くなく、他人がすすめる映画を期待感ゼロで観たほうが、より刺激的で楽しめたりするのです(その逆もありますが)