読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川 越 気 分

Kawagoe_Kibun

根付

フィリピンでフクロウの新種10種が見つかる・・・先日こんな記事を目にしました。この記事で5月3日に開催された大正浪漫夢通り夢市場フリーマーケットを思い出しました。フリマでふくろうの根付を売っていたおじさんのことが強く印象に残っていたからです。毎月8日に開催される蓮馨寺のフリマにも出店しているとのことだったのですが、8月のフリマでは会うことができませんでした。

4か月近くたって写真をアップすることになります。趣味で根付を始めたそうで、1個500円で販売されていました。

ほんとうにカラフルで、一つ一つ表情が違う手づくり感が何とも言えない魅力です

「よい趣味ですね」と応えるとフクロウとミミズクの違いについて教えてくれました。

ミミズクは耳のように立った羽角と呼ばれる羽毛があることがフクロウと違うだけで、同じフクロウ科だそうです。フクロウ=不苦労=「幸運を運ぶ」ということから観光地中心にいたるところで見かけるのに対し、本物については馴染みが薄く夜行性であることから不気味な印象のある不思議な生き物です

根付とは袋や印籠などに紐の片方を取付け、帯の下に挟んでから根付を帯の上方に出す事によって使います。まだ着物が普段着だった江戸時代に流行した小物で、ポケットのない男性のための発明品とも言えます

外国には熱心なコレクターが多くいるそうです。ただし、写真にある根付とは素材も含めてだいぶイメージが違い、重厚感のある骨董品・美術品といった感じのものが多く見られます

フクロウとミミズクの根付です

大正浪漫夢通り夢市場フリーマーケットは参加者自身が本当に楽しんでいる様子でとても雰囲気のよい催しでした