川 越 気 分

Kawagoe_Kibun

ウニクス南古谷で映画鑑賞

ウニクス南古谷で映画鑑賞しました。ここにあるユナイテッドシネマを利用するのは2度目です。前回は興行成績でベスト3に入るくらいの作品、今回は昨日封切された鍵泥棒のメソッド、前回と同じく映画館は心配になるほど空席だらけでした。鍵泥棒のメソッドはサスペンスでありがなら喜劇的な要素もあるときいていただけに、観客の少ない当館を選んだのは失敗だったかも知れません。一緒の空間で笑いを共有すると何倍にも面白く感じられるからです

ウニクス南古谷はJR南古谷駅から徒歩5分、ネイバーフッド型ショッピングセンターと呼ばれていますが、川越市内においては最も規模の大きな施設です。

鍵泥棒のメソッドは「運命じゃない人(2004年)」「アフタースクール(2008年)」に続く内田けんじ監督の作品です。オリジナル脚本を徹底的に磨き上げるため4年に1回のペースで公開されている感じです。内田監督作品はシーン毎の会話が楽しく、そのストーリーに引きずり込まれた時に予想を裏切られ驚かされるのですが、どの作品にも心地よい独特の空気が流れているのです。内田監督作品は映画館で鑑賞した後、DVDで2回目をみると違った発見があり楽しめます。2001年に監督が自主製作したWEEKEND BLUESもレンタルできればぜひ鑑賞したい気分です。ちなみにカンヌで4冠を受賞した「運命じゃない人」は映画館で2度みました。

5/10(金)Blu-ray&DVD発売! 内田けんじ監督最新作『鍵泥棒のメソッド』公式サイト

館内で驚くほどジャンボなポップコーンが販売されていました

ポップコーンが普及したのは1880年代の米国、映画館で販売されるようになったのは1930年代からとのこと

平日の当館であれば、かっぱえびせんでも平気です