読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川 越 気 分

Kawagoe_Kibun

川越の立ち食いそば

東武東上線下りホームの最後尾にある立ち食いそばが2012年6月に蕎麦文殊になりました。都内で評判の立ち食いそば屋さんで埼玉県では初出店とのこと。本日、昼食抜きだったこともあり夕刻5時頃におろし蕎麦を味わいました。細麺の蕎麦は確かに美味しい!最後尾なので、東上線下りホームに蕎麦屋さんがあることを知らない人もいるのではないかと思います、おすすめです

おろし蕎麦370円

かけそば・うどんは290円から。本店は両国、自家製麺で毎朝打っているとのことです。ざるそば・ざるうどんは390円と立ち食い系にしては多少高いですが、今回味わった蕎麦なら、ざるでも美味しそうです

天ぷら類も揚げたてな感じ。何より男性スタッフ3名が楽しそうに仕事をしているのが印象的でした

チェーン店であっても自分の店・商品が好きだったり自信があったりする場合、その店舗スタッフは生き生きとした雰囲気を醸し出しています。まさにそんな感じがしました

文殊 川越ホーム店

049-223-7123
[月〜金] 6:00〜23:30
[土・日・祝] 7:00〜21:00
年中無休


美味しい駅そばを味わって、昔職場が同じだったことがある鈴木弘毅氏の顔を思い出しました。鈴木さんは「1万杯の駅そばを食べた男」として知られるフリーライターです。今年初めに本人から聞いた話だと、訪れた全国の駅そばは1800店を越えているそうです。「温泉につかりながら全国を旅して、風土と駅そばを味わい2000店を目指している」・・・そんな印象があります。駅そばと言えども色々な角度からみると奥深いのです。

書籍も出ているので紹介いたします。


2012.11.14追記
ざるそば 390円

「すりごま」・「ゆず」付、何故か「ざる」になると専門店と比較してしまいます・・・