読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川 越 気 分

Kawagoe_Kibun

川越西口 精文堂

川越駅西口から徒歩1分、ガストの前に精文堂書店があります。1923年に創業し全国展開している「精文館書店」と名称が似ていても、関係はないようです。帰宅経路にあるため、時々立寄ってしまうのですが、エンドコーナー佐野洋子さん特集になっていて100万回生きたねこが大きく取り上げられていました

1977年に出版された絵本で子供より大人に人気とのことです。5年前に友人よりプレゼントされた絵本でもあります。読み終わった後に不思議な感じになったので、読み直した記憶があります。いまだに何を意味しているのかわかりません〜本当に大切なものは何か?

おそらく読んだ時の心境により違ったものとなるのだと思います。とにかく不思議な絵本です

この本をプレゼントしてくれた友人のセレモニーが明日予定されています。出席できないので花を宅配してもらった帰りに目に留まったのでブログアップしてみました。5年ぶりに読み直してみようと思います