読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川 越 気 分

Kawagoe_Kibun

慰霊供養塔

川越市新宿町の裏通りに慰霊供養塔があるのに気がつき、立ちどまってみていると通りがかりの女性が「目の前の施設が火災になり亡くなった人がいて、その供養塔なの。時々花も添えてある」と教えてくれました

本日原爆の日を迎えた長崎では原爆犠牲者慰霊平和祈念式典に6000人以上が参列したとのこと。今年80を迎える私の父親は熊本県天草諸島の丘から原爆雲をみたそうです。68年前のことです

名もなき供養塔に献花する人、68年前の被災者を思い参列する人。「祈」の国とも言われる我が国には、目に見えないものへの畏敬の念を持つ民族です。「おかげさま」という言葉もそうです

我々の世代も、そういった心を忘れないようにしたいと感じたしだいです