読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川 越 気 分

Kawagoe_Kibun

福山靖子展

大正浪漫通りにあるギャラリーR+で、「無明 - 最も根本的な煩悩 - こころの闇」と題した福山靖子さんによる個展が開催されていました(2014.3.13〜3.18)。残念ながら本日が最終日の為、過去形になってしまいました。今後も色々な企画が用意されているので、小江戸川越にきた時にはギャラリーにも足を運んでみてください。心地よい気が流れる癒しの空間です(無料です)

・2014年3月20日(木)〜3月25日(火)
 岩槻紘志 作品展 「身近なアート」
・2014年3月27日(木)〜4月1日(火)
 絵画楽会作品展 第5回
・2014年4月3日(木)〜4月8日(火)
 千木良宣行展 「イタリア紀行」
・2014年4月17日(木)〜4月22日(火)
 ムサ美埼玉「川越地区」小品展

時間は日により違うので、ギャラリーまでお尋ねください
〜およそ10時〜17時くらが多いようです
ギャラリーR+ 川越市連雀町15-8 080-20161991

穏やかな菩薩像

福山さんは、元々は教員として美術を指導していらしたとか、退職後は絵画教室をしながら「仏像」を主に描いていました。お歳はすでに80歳を超えています。とても穏やかで笑顔が絶えない方です

ギャラリーR+は、カフェのような雰囲気もあり、お茶とお菓子も用意されています

今回はタイトルにもあるように、黒基調の作品が多くギャラリー奥の雰囲気は特別でした

五百羅漢を題材にした作品が中心です



関連記事
2012-05-05 - 川越気分