川 越 気 分

Kawagoe_Kibun

川越の成人式

ウェスタ川越にて正装した若者の姿が目につきました。第67回川越市成人式でした。会場が川越運動公園総合体育館から変更になったのです。川越駅から徒歩5分と利便性は改善され、大ホールは1700席ほどあります。ここ数年、川越市の新成人数は3,500人前後で推移し、式典への出席率は6割程度のようです。

それはともかく、同年齢の若者が一同に集う祝い事はエネルギーで満たされていました。しかも女性のほとんどが着物姿だから特別です。

f:id:take369:20160110204420j:plain

日頃ブログでは、人混みは苦手なようなことばかり記述していますが、喜びのエネルギーが集まると気が違います。同じ規模である所沢市は、昨年11会場で実施したとあるので、一か所でできるというのは素晴らしいことなのかも知れません。

f:id:take369:20160110204421j:plain

第67回という数をみて、そもそも成人式はいつ頃から始まったのか?

検索してみると埼玉県のHPに詳しい情報が載っていました。その一部を転記します。

1 歴史的経過

2 発祥の地は埼玉県北足立郡蕨町(現:蕨市)

  • 期日 昭和21年11月22日
  • 会場 蕨第一国民学校
  • 主催 蕨町、蕨町青年団
  • 開催の経緯 敗戦によって、世を挙げて虚脱の状態であった当時、次代を担う青年たちを励ますため、時の蕨町青年団長が主唱者となり、「青年祭」が企画された。青年祭では、自分たちの祖国、町を平和な住み良い文化の高いものにしようと話し合い、最初のプログラムとして「成年式」が行われた。

3 国

  • 昭和23年7月20日 「国民の祝日に関する法律」公布
  • 成人の日・・・おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます日

4 埼玉県

  • 昭和23年2月15日 会場 埼玉会館
  • 「成年式」を実施 (各市町村より推薦された者 男女672名)
  • 15日午後~16日 「成年祭」 (講演、映画、芸能大会)

 

全国及び埼玉県の成人数のピークは1993年

以下埼玉県の成人者数推移

1993 130,613
1994 130,482
1995 123,774
1996 112,481
1997 106,808
1998 103,407
1999 99,196
2000 95,387
2001 89,253
2002 88,360
2003 87,484
2004 86,216
2005 83,041
2006 80,243
2007 77,231
2008 75,996
2009 76,178
2010 72,544
2011 71,435
2012 72,900
2013 71,465
2014 72,504
2015 75,118

ピーク時と比較すると約6割で推移しています。

 

ウエスタ川越、夕刻の光景

f:id:take369:20160110214708j:plain