川 越 気 分

Kawagoe_Kibun

骨董屋きんぎょ

川越連雀町にある骨董屋「きんぎよ」が営業しているのを初めて見た。本当に小さな店で、表からだと物置にようでもある。実際入ってみると、期待通りに懐かしい品々が重ね置きされていた。「母がなかなか出れないので、最近は私がやってます」若い女性店主が応えてくれた。

店内の一角は、こんな感じ。外から見るよりは、はるかに美しい

ポプラ社江戸川乱歩少年探偵シリーズがセット販売されていた。小学校の図書室で読んだ人も多いと思う。幾つかの版が混在しているらしく、パックを開けてもらい確認すると昭和46年のものがあった。中の挿絵を見ると更に懐かしがこみ上げてきた。20冊ほどで、8900円の値がつけてある。

迷ったが、今回は見送った。先日、150kgもの不要物を川越ゴミ処理場に持ち込んだばかりだ

独り言メモ
ポプラ社はその後、光文社から「少年探偵団」シリーズの版権を譲り受けて、先の「明智小五郎文庫」と合わせて『少年探偵・江戸川乱歩全集』全46巻としたシリーズ(ハードカバー版)を、1964年(昭和39年)から順次発行した
Amazonマーケットプレイスにて、600円前後で販売されている。8900円はフェアプライス。初版セットなら高値だろう
※2014年に江戸川乱歩生誕120周年を迎え、その記念プロジェクトとしてポプラ社より江戸川乱歩の代表作『少年探偵団シリーズ』のオマージュ小説『みんなの少年探偵団』が誕生した