読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川 越 気 分

Kawagoe_Kibun

倭物やカヤ 川越店【椿の蔵】

非日常的かつ異国風でありながら和風雑貨の品揃えも豊富な店がオープンして1年以上が経過しました。オープン当初、「また全国展開の企業が一番街に出店した」と横目で見ていたものの、これだけの店舗を駅から遠い一番街に出店するのはチャレンジャーだと感じ…

華とんぼ

一番街札の辻交差点から100mほどの所に、とんぼの形をした竹細工が飾ってありました。交差点を少し離れただけで、人通りが激減する場所です。 見上げると看板に「華とんぼ」の赤い文字。 本日は閉まっているようなので、店頭窓ガラス越しに一枚だけ写真を撮…

川越の製本所

店頭に印象的な仮面を飾っているのは、水上製本所。最近、張子の狐面に意識が向いていただけに、目に留まった。この店舗のことなので、通常の張子とは違うだろうし、狐でなく猫に見える。昨年の川越祭りでは、450個が5時間で売り切れ、追加150個も2時間で売…

カオナシ

2015年2月12日どんぐり共和国川越店がオープンしたことを知ったのは先月のこと、ジブリキャラクターグッズを扱うことで知られているが、じっくりと見たのは初めてだった。とても楽しい気分を味わえたものの、意外だったのは「カオナシ」グッズが店内のいたる…

骨董屋きんぎょ

川越連雀町にある骨董屋「きんぎよ」が営業しているのを初めて見た。本当に小さな店で、表からだと物置にようでもある。実際入ってみると、期待通りに懐かしい品々が重ね置きされていた。「母がなかなか出れないので、最近は私がやってます」若い女性店主が…

アフリカ雑貨 マンゴロベ

2015年4月24日、川越一番街にアフリカ雑貨店がオープンしたので、ちょっと覗いてみた。これまで、アフリカをコンセプトにした店舗は記憶にない、自ずとフェアトレードを連想してしまった。このオープンは友人から聞いた話で、ネット販売及び卸をしているマン…

和紙の山田

クレアモールの本川越駅近くに和紙を中心に多くの商品を揃えた老舗があります。外観は小さくとも、店に入ると驚くほどの「和」製品が所狭しと並んでいます。様々な和紙に加え、色紙、短冊、掛、額、人形小物などお土産として使えそうなものも豊富です。また…

Jack’s Mart

西武新宿線本川越駅から徒歩2分、1970年代を中心としたヴィンテージトイが店内いっぱいに溢れているジャックスマートがあります。2年前にオープンしたそうですが、初めて訪店しました。「アメリカンコレクティブル」には全く興味のない私でも、楽しい気分…

水上製本所

小江戸蔵里の目の前に古い家屋があります。店頭に飾っている商品をみて、和紙を使った手作り風の製品を販売しているのだ思っていました。今回、初めて店内まで足を運び、水上製本所さんであることを確認したしだいですむろん製本が本業であり、この家屋で小…

新河岸駅近くのネコ雑貨&ギャラリー&詩集書店

馬車道を出ると裏側に大きな樹木が見えたので、その方向から帰宅しようと自転車を走らせると、重厚なレンガに囲まれた大邸宅が目に留まりました。その敷地の一角を利用してアートスペースとドア一つで区切られて雑貨屋さんが営まれていたのです新河岸駅から…

川越 輸入雑貨の店

自宅キッチンテーブルに書籍と編みかけの毛糸が2週間ほど放置してあります。家内のものであり、全く気にしていなかったのですが、その書籍をよくよくみるとヘンプの文字!懐かしい!自身の興味の輪の中に「ヘンプ」が入ってきたのが7年前、中山康直さんの書…

創作ちりめん布遊舎(FUYUSYA)

川越一番街のちりめん雑貨屋布遊舎は有形文化財長島家住宅(幸すし乾蔵・明治蔵)を利用した店舗であり、江戸時代からの伝統工芸品を扱う小江戸川越を味わうにはぴったりの店舗です。「創作ちりめん」とは麺ではなく、江戸時代から現代に至るまで日本の着物…

干支の置物

川越駅東口のペデストリアンデッキを経てアトレマルヒロ2階通路まで歩くと左側にたばこ店きたがあります。この通路左側の店舗はアトレではなく個人店です。東口開発時に喫茶店として営業していたきたは西口に移転し、たばこのみが東口にのこったかたちになっ…

川越体験工房

一番街通りの人気店の一つお箸屋さんの2階にある川越体験工房で珈琲タイム、昨年の川越祭り以来久しぶり!1987年開設の神奈川県彩グラススタジオ及び軽井沢ガラス工房の関連施設です。川越体験工房は昨年オープンした新しい施設ですが、とても居心地のよい素…

川越 大澤陶器店

川越市のクレアモールは本当に人通りの多い商店街で距離にして1200mあると言われていますが、川越新富町商店街と川越サンロード商店街の統一名称なのです。主婦と学生をターゲットにしたイメージがあり、ほとんど覗いたこともない店舗が大半です。少し前のこ…

風鈴 荻野銅鐡店

仲町交差点からすぐの所に銅製の仏像がずらりと展示され、店舗入口に数えきれないほどの風鈴がぶらさがったお店があります。あまりにも風鈴の音色が素晴らしいので立ち止まってしまいました。店頭に立っていた荻野銅鐡店の奥さんが南部鉄風鈴だと教えてくれ…

川越一番街通りのビル3階にある小さな雑貨店

川越市内にも個性的な雑貨店がいくつもあります。実際に購入する機会は少ないものの魅力的な雑貨店は楽しいい気分にさせてくれるから不思議です。雑貨NORAは古い小さなビルの3階にある小さな店ですが、とても素敵な店でした。 WEBもあるようなので紹介します…

川越の民芸品

本川越駅前スクランブル交差点をわたり一番街通り方面へ歩いたすぐの所に黒い蔵造りの建物があります。店頭を飾る上品な民芸品が季節に応じて変化しているので気になっていたのです。今回、初めて店に入ってみました、民芸品の土金(つちかね)です。重厚な…

手作り箸工房きっちん遊膳 川越

一番街通りにおいてレジ接客に最も忙しそうな店舗がきっちん遊膳、700円くらいからある箸を購入すると名入れが無料なのです。職場でマイ箸運動を提案し、箸を携帯する生活が続いていたことを思い出しました10年くらい前に地球村代表高木義之さんの講演会に…

川越 そうびの木のアトリエ

一番街通りにある株式会社創美の生活情報提案SHOPそうび木のアトリエがリニューアルオープンしました。川越祭り会館並びに97年オープン、木をテーマにオリジナル木製擦り器、特注家具、木の食器、おもちゃ、アクセサリー等を販売しています店内が広くな…

川越 レンタルボックス・雑貨・小物の楽楽(らら)

追記 2014年閉店先月3月18日、連雀町に新しいお店がオープンしました(住所は仲町ですが)。雑貨小物を扱っていて店舗奥にレンタルBOXスペースがあるのが特徴です。本川越駅から300mほどで連雀町交差点、その先の蓮馨寺(れんけいじ)から100mほど進んだ…

川越 富貴堂(ふうきどう)

本川越駅から蔵の街並方面に向かう途中、スクランブル交差点を渡ってからすぐの所にらんぷ ふうきどうの看板が見えます。素通りするだけだったのですが、初めてお店に入ってみましたスクランブル交差点を過ぎてから、左側の歩道には連雀町交差点まで、お店が…

川越市ランプ・雑貨・家具の店

先々週のことですが小江戸川越、連雀町商店街を歩いていると「5月3日オープン」の文字が目に入りました。新し物好きの小生、それが雑貨アウトレット店と知り覗いてみました。女性スタッフに話を聞くと日本初のアウトレットモール「リズム」にお店があり、…

川越 雑貨屋サクzakka39

大正浪漫通り、シマノコーヒー館向かいの路地から2軒目に雑貨屋サクというお店がオープンしました(3/9)。「うさぎ・ねこ」をテーマにした色々な雑貨が並んでいました。何故、うさぎとねこがテーマなのかは聞くことができなかったのですが「ねこの耳かき…